vol.4

​黒い瞳のジョニー

物語の舞台は日本の小さな田舎町。時は1920年代、大正時代後期。

この物語の主人公和清(SHOW-RING )は、自分で自分の事をジョニーと呼んでいる。

ジョニーは喧嘩と女に明け暮れる毎日。

隣町の連中と喧嘩をしては負けて、女子(おなご)のケツを追いかけ回しては振られ、

いつもの土手でいつもの様にしょげている。

そんなジョニーにいつも影から思いを寄せている女の子がいる。紅葉(平形有子)だ。

この女の子、雪乃一座という旅役者達の仲間だ。

紅葉は和清に思いを伝えられないまま、次の街へ旅立つ時がやってくる。

そんなある日、和清の憧れている男セイイチ(荒木良太)がアメリカから帰ってくる。

和清はセイイチに「俺は何の為に生まれてきたのか。」と問う。

そしてその答えをアメリカに行くことで見出だそうとする。

和清の発言により、周りの連中もアメリカに行こうと言い出す。

そして一行はアメリカへ旅立つ。アメリカについた一行に、それぞれのドラマが生まれる。

和清の親友である京四郎(水島義人)は、雪乃一座の座長雪乃(宮原千恵子) 通称マザーに

自分の母親をかぶらせ恋をし、和清の悪友である桃(中澤紀代美)は、

アメリカで紅葉に似た女の子ジュリア(平形二役)と出会い友達になる。

そんな中、和清が見つけたものは

奴は自分をジョニーと呼んでいる…

この物語は春夏秋冬と季節が巡り、セイイチの一人称で展開していく。

Hey brother Johnney 元気かい?

1999年 5月 28日、29日 気仙沼中央公民館

​BOWZ Theatre Club-0

  • Facebook
  • Instagram
TEL:070-4118-2200    MAIL:tokyobowz.shownanshibu@gmail.com

© 2018 Japan ueda by Tokyo bowz.